健康維持

パワーストーンが手元で光るについて

パワーストーンが手元で光る。何だかストーンに不思議な力があるようにも感じますね。
ストーンの中には様々な理由で光る性質を持つものがあります。いくつかご紹介しましょう。

1つ目はストーンの成分で光るもの。
金属光沢のパイライトやヘマタイト、樹脂光沢のアンバー(琥珀)、スター効果のガーネットやスピネル、アベンチュリン効果のアベンチュリン、キャッツアイ効果のタイガーアイ、シラー効果のラブラドライトやムーンストーンなどがあります。

2つ目はカットによって光るもの。
これは加工方法によるもので、一般的な宝石類がこれに該当します。
パワーストーンにおいては「ラウンドカット」と呼ばれるものが代表的。カットされた部分に光が当たることでキラキラとした印象を与えることができます。

3つ目はクラックによって光るもの。
パワーストーンは自然のものなので、生成される時に微細なヒビが入ることがあります。
ヒビがあるというと欠陥と思われがちですが、逆にヒビが入ることで光を周囲に拡散させる効果が高まるとも言われています。
代表格はクラック水晶。中には光の影響で虹色になるアイリスクォーツというものもあります。

パワーストーンを選ぶ際http://www.xn--zck4aza4jwa5cc.net/は、このように見た目の印象で選ぶという方法もあります。
光るということは華やかな印象を周囲に与えるため、アクセサリーとして持つには最適ともいえるのです。

このページの先頭へ