健康維持

パワーストーンの身代わりについて

パワーストーンが身代わりになるという話は実際にあります。
自らマイナスエネルギーや災いを受け止め、割れたり壊れたりすることで持ち主を守るというものです。
神社やお寺では人形など別のものに自分の災いを受け止めてもらう「身代わり」になってもらうというのはよくありますが、これと同じ作用はパワーストーンにおいてもあるのです。

パワーストーンが身代わりになっているサインはいくつかあります。
壊れたり欠けたりする・ヒビが入る・色が曇ったりくすんだような色になる・クラック(ヒビ)が消える・ブレスレットの紐やゴムが切れる・外れてバラバラになるなど。
中には忽然と消えてしまったという物理的には到底考えられないような事例もあります。
インターネットの通販で見つけたパワーストーンのブレスレットが気に入って購入し、発送してもらったら宅配業者が配送途中に交通事故に巻き込まれて箱が破損→しかし届けられた箱の中にはなぜか入っていない→後日作り手の元に突然現れたということも実際に起きているのです。

身代わりになったパワーストーンは、あなたの代わりに災いを察知し、守ってくれたもの。
助けてくれたお礼の気持ちや感謝の言葉は忘れないようにしましょう。

このページの先頭へ